「やまなしエコジャーナル」は、山梨県内の環境やまちづくりに関わる地域活動にスポットを当てたインターネット新聞です

レポート・コラム

2012/5/21 北口で金環日食観察会

こんにちは、以前イベントコーナーで取り上げました甲府駅北口で行われていました金環日食観察会に行ってきました。山梨で観測されるのは129年ぶりという世紀の天体ショーをいろんな方法で観察してきました。

 

北口には朝の7時という早い時間帯にも関わらず大勢の方が観察会に来ていました。

 

科学館の職員の方々が金環日食について解説するコーナーもあります。

こちらではピンホールを使った観察方法を紹介しています。

分かりにくいですが、ピンホールで観察した三日月状の太陽です。段ボールにいくつか小さな穴をあけ、紙に投影して出来る像を観察する方法です。

こちらは黒いフィルター越しに観察するコーナーです。ピンホールよりもはっきりと見ることが出来ますが、係員からは目を傷めるので、30秒以上見ないで下さいと注意していました。

こちらは望遠鏡を使った観察。行列が出来る人気コーナーでした。

望遠鏡から板に像を写した物。ピンホールよりくっきりと見えます。

分かりにくいですが、木漏れ日が三日月型になっています。

北口ではこのような観察会を行っていました。僕は遮光グラスを持っていなかったのですが、様々な方法で金環日食を観察することが出来ました。個人的には金環日食時の空は、いつもの空とは違い、トイカメラの様な色合いになることがとても印象的でした。ちなみに今回、デジカメが電池切れだった為、携帯のカメラでのレポートになってしまい、肝心の金環時の綺麗な写真が取れなかったので、残念ながらここにはあげることが出来ませんでした。が、すこしでも雰囲気が伝わりましたら幸いです。

 

まるま

2012年5月23日| レポート,レポート・コラム

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

やまなしエコジャーナルでは取材の申し込み、イベント情報提供をしていただける方を募集しています!お問い合わせメールフォームよりご連絡ください!