「やまなしエコジャーナル」は、山梨県内の環境やまちづくりに関わる地域活動にスポットを当てたインターネット新聞です

レポート・コラム

不定期連載 甲府グリーンカフェ特集 第1回「ナチュラリア」

こんにちは、第1回目は甲府市中心地に2011年12月オープンしたというまだ新しいお店、「ナチュラリア」について取材させていただきました。

ここでは山梨県産の野菜はもちろん国内から集められたオーガニック野菜や、海外から輸入したフェアトレードの品まで幅広く取りそろえたいわば食の雑貨店の様なお店です。1階では食品お惣菜の販売、2階では簡単な食事が出来るスペースになっています。さらにペレットストーブの販売を行っているお店です。どのような想いでこのお店を始めたのか、店主の米持さんからお話を伺いました。

 

―お店を始めたきっかけは

このナチュラリアを始めたきっかけは、もともとスーパーで働いていたが、独立して自分が食べたいもの、子供に食べさせたいもの、生産者とつながることの出来るもの、安全なものを選びたいという想いからオーガニックにこだわったお店を始めました。食品やお惣菜と一緒にカフェも併設しているのは、場所柄ふらっと買いに来た人に「食べていけますよ」というスタンスだからです。お店も小さく、来たお客様と近い距離でのコミュニケーション出来る事を大切にしています。

―どんな品を扱っていますか

取り扱っている品は県内の契約農家から仕入れた野菜や、国外のフェアトレードの品やオーガニックにこだわった調味料を販売しています。お店というのは食卓と農家をつなぐ役割があり、もっと良い品を皆に知ってもらうきっかけになりたいという想いがあります。国外のオーガニックな品も大きな企業から買うのではなく、小さな農家でもこだわりを持った所から仕入れています。小さなお店なので扱っている商品みんながオススメ。実際にお店でお話ししながらオススメの品を選びます。ペレットストーブや薪ストーブも取り扱っています。

―どうしてペレットストーブを扱っているのですか

たまたま縁があって鎌倉でペレットストーブを取り扱っている「ノーザンライトストーブ」の甲府支店を出さないかと誘われたのがきっかけ。もともと火のある暮らしに憧れていましたし、ちょうど山梨県でペレットを作っている製材会社とも出会ったので、そこのペレットを使うようになりました。山梨で生産されるペレットのように、その地域でつくられたエネルギーを地域で使うエネルギーの地産地消を心がけています。エネルギーもそうですが外国からの安い燃料や食糧を買うことは、地域にお金が回らなくなるので、衣食住すべて狭い地域の中で完結させることが大切だと考えています。今は女性用の布ナプキンも取り扱っています。このナプキンも工場で出た端切れを利用したポップな柄になっています。

―今、生きている時代について

僕たちが生まれてきた時代にはもうテレビゲームやコンビニが出来てきた世代で、もう便利なものに慣れきってしまっていた。保存料や化学調味料が当たり前になってしまってそれはすこしおかしいのじゃないかと思い始めました。今の街では隣近所でどんな事をやっているのかわからない時代になってきている。地域の商店街の様なつながりが大切だとおもいます。商売をやっている身なので原価を下げた方が儲かるしお客さんも喜ぶかもしれない。それでも職人が作った少ない数しか作れないお醤油を使った品を出した方が、職人も暮らしていける。

―学生に向けて一言

学生さんはやっぱり全部の品をこだわる事は難しいかもしれないけれど、それでも当たり前に良いものを使える、買う時代になると嬉しいです。ちゃんとしたものを食べてきた人の身体とジャンクな食品を食べてきた人の身体ではやはり違うと思います。

 

―取材を終えて

今回の取材で一番印象に残ったことはエネルギーを含めて狭い地域の中で循環させてそこで経済も回っていくと良いな、というお話でした。今はグローバル化の時代です。外国との貿易がなければ日々の暮らしが成立しないという考え方が骨の髄まで浸み渡っている時代です。そんな時代の流れに逆行するような考え方ですが、今の時代に一番必要なのはこの考え方なのではないでしょうか。まちや地域が元気になるにはその地域内で経済が循環するシステムが必要です。この循環を衣食住という人間の基本ともいえる部分からアプローチするナチュラリアの考え方は、まちを元気にするヒントになるのではないでしょうか。

 

ナチュラリアメニュー表。2階で食べることもお持ち帰りもできます。

県内産の野菜コーナー。本来は定休日なので少なめ。

パスタ、ソース、調味料など。

ペレットストーブ。販売も行っています。

オススメの一品。イタリアのトマトソース。買いました。

おまけ

今回取材させていただいた米持さんは本来定休日にも関わらず取材を受けていただきました。本来は30分ほどお邪魔させていただく予定でしたが、店前のベンチでお茶を頂きながらのんびりと色々なお話を聞かせていただき、気が付いたら1時間以上も取材させていただきました。本当にありがとうございました。ちなみにその日にオススメされたイタリアのオーガニックパスタソースはバジルの良い香りがしてとてもおいしかったです。回数で割るとスーパーのパスタソースより少しお高めですが、買って損は無いと思います。おいしいパスタソースをお探しの皆様、お店に足を運んで米持さんとお話ししながらお買い物してみてはいかがでしょうか?

ナチュラリアホームページ

http://info.naturalia.org.uk/

住所

山梨県甲府市中央2-9-10

 

 

まるま

2012年7月6日| レポート,レポート・コラム

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

やまなしエコジャーナルでは取材の申し込み、イベント情報提供をしていただける方を募集しています!お問い合わせメールフォームよりご連絡ください!