「やまなしエコジャーナル」は、山梨県内の環境やまちづくりに関わる地域活動にスポットを当てたインターネット新聞です

レポート・コラム

2012.7.22(日) 「県立博物館「クニマスは生きていた」展の見学レポート

皆さんこんにちは!

いよいよ夏本番を迎えそろそろアイスがおいしい時期を迎えましたね、

そんな中私たちは、7月21日に山梨県立博物館に行ってきました。

現在県立博物館では「クニマスは生きていた」というタイトルで企画展を行っています。

クニマスは、1940年に絶滅したと考えられていたが2010年に山梨県の西湖で発見されたためこのような企画展が行われています。

今回の企画展ではクニマスの現在に至るまでの変遷や、かかわってきた人たちのこと、これ以外にもほかの海の魚などの企画や展示が行われていました。

 

企画展ではクイズ形式でクニマスのことが学べるようなワークシートを入り口で配布していて子供でも楽しめるように工夫されていました。

私たちも子供たちと一緒にワークシートで盛り上がっていました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにワークシートを完成させると記念バッジが貰えるの皆さんも挑戦してみてはいかがですか?

8月10日からは企画展の入り口付近でクニマスの稚魚の展示が行われます。

めったに見れないクニマスの稚魚なので、皆さんこの機会を逃さず見に行ってはどうですか?

 

ラグ

2012年7月22日| レポート,レポート・コラム

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

やまなしエコジャーナルでは取材の申し込み、イベント情報提供をしていただける方を募集しています!お問い合わせメールフォームよりご連絡ください!